食品製造現場には食中毒菌汚染、アレルゲン混入等、食品の安全を脅かすリスクが隠れており、これらは“洗浄・殺菌”によって排除され適切な清浄性が維持されなければなりません。また新型コロナウイルスパンデミックは、医療、介護、温浴施設、コンサート会場などの集会施設等々、人の集まる場所すべての衛生管理や、そこに関わる人々の衛生習慣の重要性がクローズアップされました。このような現場では、そこで扱いやすい検査手法と迅速なフィードバックが求められますが、ここで役立つのが様々な迅速検査技術です。
当会は、衛生管理における迅速検査法に関する調査・研究と、その成果に基づいた適切な情報提供や提言を行い、迅速検査法を活用した衛生管理技術の向上・発展に寄与する事を目的として様々な活動を行っています。これを機会に当会の活動にご参加いただければ幸いです。

新着情報

2024年05月09日
ifia/HFE JAPAN 2024に出展します。
2024年03月20日
第11回迅速検査実習の報告を掲載しました。
2023年09月20日
第48回講演会の報告を掲載しました。
2023年07月31日
迅速検査研究会サイトをリニューアルしました。
2023年05月19日
ifia/HFE JAPAN に出展しました。
» 続きを読む